知っておきたい仕組みとは

スマホ

動画制作の相場を考える場合には、様々な仕組みがあることがわかります。相場が高いと考えている人でも、実際に動画制作の現場に立ち会ったとすれば決して高くないと感じるでしょう。まず、仕組みとして最初に打ち合わせを明確にすることが必要になります。打ち合わせをする場面では、様々な意見が出ますがまず依頼者が依頼してきた内容の動画の制作が可能なのかどうかと言うところからスタートしなければいけません。いくら素晴らしいアイディアがあったとしても、それが実現不可能や実現が難しい場合には実行することができないからです。ある程度方向性が定まれば、いよいよ作っていくわけですがこの場合でも様々なスタッフが出動することになります。編集をする人や監督をする人など様々な人がおり、機械を導入してようやく1つの動画が出来上がります。しかも、出来上がったらおしまいではなく、最終チェックをしなければいけません。最終チェックをすると、できていない部分に気がつくでしょう。つまり、見落としている部分があるわけです。そして、依頼者に対して出来上がったものを提出し、納得してくれる内容なのかを確認します。このような流れがあることにより、それなりのお金が発生するといえます。

活用方法は様々

ビデオカメラ

動画制作の相場を見た場合、高いと感じるかもしれませんが活用方法から考えれば十分に戻ることができる金額といえます。例えば、動画制作が20万円以上かかった場合でも、セミナー動画として販売する場合には200,000円位の売り上げをたたき出す事は決して難しくありません。1枚あたり1万円で売れば、20人に販売した時点で20万円を回収することができます。このように商売にする一方で、会社の様子を動画撮影しているケースもあります。会社紹介のような形で作り上げる場合は、それほど長い動画にはならないですが、概ね5分程度の動画だとしても10万円ぐらいはかかります。そこから直接利益に結びつくわけではありませんが、長い目で見るとそのような動画があれば利益につながりやすいといえます。それ以外でも、YouTubeを始めとする動画サイトに動画を投稿する場合には、編集者が必要になりますが、この場合は動画制作サイドに依頼するパターンもあります。個人で行っている場合は少ないですが、芸能事務所等がYouTubeなどを通じて動画を発表する場合には動画制作外車に依頼しているケースも少なくありません。

長方形バナー2

正方形バナー1

TOPテキストリンク1

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク1

TOPテキストリンク2

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク2

TOPテキストリンク3

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク3

TOPテキストリンク4

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク4

TOPテキストリンク5

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク5

長方形バナー1

長方形バナー3